タイヤの日常点検~(`・ω・´)💡

CAとお話。。お知らせ・ご案内サービスのご案内香川おすすめスポット

こんにちは😊

カスタマーアシスタントの佐藤でございます🌼

先日、GOLFのユーザー H様よりパンを差し入れに頂きました💗

佐藤の写真を撮るセンスが無さ過ぎて美味しさが伝わってくれると

いいのですが、、塩パンに粒あんが混ざっていてとってもとっても

美味しかったです(><)❤

またH様にどこのパン屋さんかお伺いして自分でも買いにいこう…🤭💗

と思っております😊H様いつもお心遣いありがとうございます😌💓

——————————————————————————————————————–

さて本日のブログは安全で快適なドライブに欠かせない

⁅タイヤ⁆についてお話しします👨‍🔧❕

車の中で唯一路面に触れているタイヤは走る・曲がる・止まる

のすべてに深く関わっています🧐またサスペンションとともに

路面からのショックを吸収する役割を果たします

そんなタイヤには車の安全性走行性能乗り心地を左右するほどの

影響力があります 

それだけにタイヤ選び、そして日頃のメンテナンスが重要となるのです👀💥

 

ボディを支えているタイヤですが、通常タイヤの場合

地面との接地面積はなんとタイヤ1本あたり葉書1枚分

とっても小さいのです👀🗯

それにより空気圧のチェック残り溝のチェックはとても大切です👨‍🔧❕

 

では【空気圧が低い状態で走行するとどうなるの❔】

 

🔴燃費が悪くなる(転がり抵抗が増えるため)

🔴偏摩耗(片減り摩耗、肩落ち摩耗)

🔴バーストするリスクが高くなる

🔴操縦安定性が低下

🔴ハイドロプレーニングやスタンディングウェーブが発生する可能性が大きくなる

 

上記のとおり空気圧の不足はタイヤにとって1つもいいことがありません😢

車がぬかるみなどにはまってしまい脱出できないときにタイヤの空気を半分くらい

抜いて、タイヤの接地面積を増やしてグリップを稼ぐ という緊急脱出方法が

あるようですが空気圧が低いということはそれだけグリップ=転がり抵抗

直結するとうことです😱

(佐藤はぬかるんだ畑にタイヤをはめてしまったことがあり

そのときは本当に本当にありがたいことにご近所の方が車を押してくれたり布や板を持ってきて

くださったりといろいろ試しましたが車は動かず、最後はJAFさんにお願いしたという出来事がありました💦

なので、なるほどこんな方法もあったのか……と、そのとき知りたかったなぁ…と思いました😵✴)

話しが少しそれましたがタイヤのトラブルを避けるためには以下の

ことに気を付けてほしいと思います🚸

 

🔵空気圧チェック

タイヤの空気も風船と同じように何もしなくても(走行)自然に抜けていって

しまいます🎈なので少なくとも月に1回はガソリンスタンドやもちろん弊社で

空気圧チェックを行うことをおすすめします

 

🔵残り溝のチェック

スリップサインは出ていないか、トレッド面に傷はないか、タイヤサイドに

亀裂はないかチェックしてみてください

スリップサインとは残り溝の深さ1.6mmを示す目安です

1箇所でも溝が途切れるスリップサインが出ると危険です

溝深さが一部でも1.6mm未満のタイヤは整備不良として使用禁止が

法律で定められています👀💥

 

🔵タイヤのローテーション

一般的なFF車はフロントタイヤが駆動輪と操舵輪をかねているため

リアタイヤよりも負担が大きくなります💭

エンジンという重物を常に支えながら

ハンドルにより右に左に向きを変えられるぶん路面との摩擦が

多いためです🚙そこでタイヤの前後ローテーションが必要になります

基本的には右側の前輪後輪、左側の前輪後輪をそれぞれ交換いたします✨

尚、VWでは5000㎞ごとのタイヤローテーションをお勧めしています😌💬

 

長く書いてしまいましたが、今のような梅雨の時期

タイヤのメンテナンスがすごく大切だなぁと感じております🗯

タイヤのためにも安全のためにも急発進、急ブレーキ、急ハンドル

などがつく運転はしないように心掛けようと自分に誓いました✨

 

佐藤のPOLOもちょうど5000㎞走行したのでタイヤのローテーションを

メカニックさんにお願いしています🤭

 

私も含め安全で快適なカーライフを送るために

簡単な日常点検、安全運転を行っていきましょう( ˘•ω•˘ )❕

 

長くなりましたが最後までご覧くださり誠にありがとうございました🌼

 

 

 

 

皆様にとって本日も素敵な1日になりますように😌💗

 

 

 

 

 

 

 

現在のページ Home >